成人祝いに送って喜ばれるものといえば?

成人祝いに贈るプレゼントを選ぶ時のポイントや、昔から人生の節目の贈り物として定番の印鑑についてご説明します

成人祝いに印鑑を贈る

子どもから大人の仲間入りをする新成人には、これから多くの責任が生じます。大人としての自覚を持たずに生活していては、自分や家族の身に危険が及ぶことにもなりかねません。成人祝いの贈り物として定番の印鑑は、実用的以外にどんな理由があるのでしょう。印鑑選びのポイントはどこでしょう。

責任成人後は親の許可なく、自分だけの判断で捺印できる様になります。捺印した書類には自分で責任を負うのです。軽い気持ちで印鑑を押さない大人としての責任感と自覚が必要になります。印鑑は大人としての自覚や責任を教える贈り物としても適しています。

成人祝いの印鑑は、しっかりとしたケースに入っていて素材にもこだわったものがおすすめです。印鑑は頻繁に買い換えるものではないので、長く使ってもらえる印鑑を選びましょう。未婚女性へ贈る場合は、下の名前の印鑑を贈ると結婚後に苗字が変わっても使用できます。成人祝いの印鑑セットなどを扱っているお店もあります。

掘り方にも違いがあります。実印は、男性は家の成長や繁栄を願い縦書き、女性は安定や守護を願い横書きとされています。認印は男女共に認識しやすい縦書きです。銀行印はお金が縦に流れない様、男女共に横書きです。

印鑑は実用的な贈り物です。さらに、大人としての自覚を持ってこの先の人生を自立して歩む応援の気持ちの表れとしても、印鑑は成人祝いの贈り物に適しているでしょう。

成人祝いの選び方

 

身近なお子さんが大人の階段を上がり成人という人生の節目を迎えるにあたって、記念に残る贈り物をしたいと思う人もいます。相手に喜ばれるような成人祝いの贈り物を選ぶ際に、どのようなポイントを選べばいいでしょうか。

成人祝いを選ぶ時には、大人の仲間入りをしたことを祝う贈り物を意識して選びましょう。大人として社会人として、使っていて恥ずかしくない、長く使える物がいいでしょう。

実用的な贈り物としては、スーツや万年筆、名刺入れなど社会人になってから使えるものと、プライベートでも使えるバックや香水、ジュエリーなどが選ばれています。成人式に向けて女性に晴れ着を贈ることもあります。相手の好みや似合う色、欲しい物が分かっていることがポイントです。相手の好みや欲しいものが分からない場合、現金や商品券を贈ることもあります。現金に抵抗がある人は、カタログギフトを贈るのもいいでしょう。

口座開設実用的で定番の贈り物に印鑑があります。成人すると印鑑を使う機会が増えます。例えば、給与のための口座開設には自分の印鑑が必要です。他にも賃貸契約や保険契約、公的な書類の申請や取得など、公私にわたり様々な場面で印鑑が必要になります。

消えてしまう贈り物には、生まれ年に作られたワインやラベルに名前が入ったお酒もいいでしょう。人生の節目として大切な成人祝い。相手の今後の進路や日常生活を考えながら、贈る相手に合った成人祝いの贈り物を選びましょう。

成人祝いに印鑑を贈る

成人祝いの贈り物

新成人となる本人はもちろん、その周りの大人にとっても成人式は大きなイベントの一つです。成人の日は1948年位制定されました。国民の祝日に関する法律第2条によると「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」ことを目的としています。子どもから大人への人生の節目を迎えるにあたって、成人祝いに贈り物をしたいと考える人もいるでしょう。成人のお祝いに喜ばれる贈り物にはどんなものがあるのでしょう。

成人祝いの贈り物を選ぶ時は、大人になったことを祝う記念の贈り物であることを忘れてはいけません。長く使えてどこで使っても恥ずかしくない物を選びましょう。

印鑑実用的な贈り物をする時は、相手の好みなどが分かっていることが大切です。スーツや名刺入れ、ジュエリーや香水など、贈る相手の就職先や進学先、日常生活に合わせた贈り物を選びます。成人しなければ飲めないお酒を贈ることも、大人として自覚が目覚めるかもしれません。生まれ年のワインなど、一捻りあるものが喜ばれるでしょう。相手の好みなどを知らない時は、現金やカタログギフトもいいでしょう。

成人すると使う機会の増える印鑑も、成人祝いに最適です。実用的なだけでなく、子どもの時には必要なかった印鑑を持つことで大人としての自覚や責任を伝えることができます。長く使える様、ケース入りのしっかりした印鑑を選びます。男女や印鑑の種類によって掘り方に違いがあるので注意しましょう。

成人祝いは一生に一度の記念です。このサイトでは、成人祝いに贈るプレゼントを選ぶ時のポイントや、昔から人生の節目の贈り物として定番の印鑑について説明します。

成人祝いの選び方